ソケットプリザベーション

歯を抜くと周囲の骨は減少します。

抜歯後に骨吸収が大きく進んでしまうとそのままではインプラント治療ができなくなってしまいます。

そのような事態をさけるために抜歯の際に抜歯窩に骨補填剤を入れて、骨吸収を抑制し歯槽骨と軟組織の形態を維持する目的で行います。

ソケットプリザベーションを行うことによりその後の骨を増やすための大掛かりな処置を行わなければならなくなる可能性を下げることができます。

炎症の大きかった部位の抜歯や前歯部など骨の吸収によりその後のインプラント治療が困難になることが予想される場合におすすめします。

インプラント治療をお考えの場合、抜歯が本当に必要なのか?

抜歯が必要な場合にはその後の長期予後も考慮しどのような選択肢があるのか説明をします。

治療費用

ソケットプリザベーション    33,000円(税込)
(このほかにインプラント費用385,000円(税込)が必要になります)